試合結果

高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ2018三重 Aブロック 第5節 10月6日(土)11:30K.O. ソシエタ伊勢SC 0-0 鈴鹿レジェンド @津海浜公園グラウンド (前半0-0 後半0-0) 前半、元気もなく、100%の力を発揮することなく終了。 選手自身が自分たちの不甲斐なさを身に染みたと思います。 誰かがやってくれるのではなく、自分自身がやらなければ誰がやる。 そして、誰のためにやっているの? 自分のためではないの? 後半、大きくメンバーを変え、アグレッシブに押し込むも、最後の精度、強さを欠き、無得点。 自分たちの無力さを知り、自らを見つめ直すいい機会に。 もっともっと上手く、強くなるために、ピッチで100%の力を発揮するために、グラウンド内外での「気づき」を大切にしていきましょう。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ2018三重 Aブロック 第4節 9月24日(月/祝)9:30K.O. ソシエタ伊勢SC 6-0 ヴェルデラッソ松阪 @津海浜公園グラウンド (前半3-0 後半3-0) 第4節 9月24日(月/祝)14:50K.O. 津FC W11-2 ソシエタ伊勢SC @津海浜公園グラウンド 第1試合 セットプレーからの2得点など前半3得点。 しかし、シュートへの意識が試合を通して低く、サッカーの目的を忘れたプレーが目立ちました。 第2試合 流れの中からゴールが生まれ、1試合目より内容が良くなりました。 試合の終わらせ方など、課題もありましたが、これからサッカー脳も鍛えていきましょう。 U13リーグを通して全員が多くの時間を出場することで、チームとして強くなり、個人が成長していく。 そのために、それぞれが自分でもっともっと探求心を持って、考えましょう。 高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ2018三重 Aブロック 第5節 10月6日(土)11:30K.O. ソシエタ伊勢SC - 鈴鹿レジェンド @津海浜公園グラウンド (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

eisu杯第29回三重県ユース(U-15)サッカー選手権大会 【兼 第30回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権三重県大会】 9月22日(土)10:00K.O. 準々決勝 ソシエタ伊勢SC 0-1 FC松阪 @松阪市総合運動公園 (前半0-0 後半0-1) ボールを支配するもチャンスを作れず、前半放ったシュートは29分の1本のみ。 このシュートも相手ゴールキーパーのファインセーブに阻まれます。 相手のシュートを0に押さえても勝つためには得点が必要。 後半も同様の展開が続き、決定機をなかなか作り出せません。 セットプレーから決定機を迎えるも相手の必死な守備にボールはゴールラインを越えることができず。 迎えた後半30+2分、相手のコーナーキック。 真ん中に飛び込んだ選手の頭に合わされ失点。 この試合、唯一、与えた枠内シュートがネットに突き刺さりました。 下を向くのは一瞬。 すぐに前を向いて、一か月後に迫った東海リーグ参入戦に向かいます。 敗戦から何を学び次に生かせるか、その悔しさを晴らすためには、勝利へ向かう強さを持つことです。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ2018三重 Aブロック 第1節 9月17日(月/祝)10:15K.O. ソシエタ伊勢SC 2-0 FC桑名 @伊勢フットボールビレッジCピッチ (前半2-0 後半0-0) 第1節 9月17日(月/祝)14:00K.O. IFC VIENTO 0-0 ソシエタ伊勢SC @伊勢フットボールビレッジCピッチ (前半0-0 後半0-0) 第1試合は、4番のミドルシュートと、5番が追加点を押し込み、2-0。 第2試合は、お互いに決め手を欠き、決定的なシーンが訪れることなく、60分の戦いを終えました。 試合に勝ちたい気持ちがあっても、そのための準備が足りなければ、ピッチで表現することはできません。 それぞれが自覚することで、もっと大きく成長することに繋がります。 高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ2018三重 Aブロック 第4節 9月24日(月/祝)9:30K.O. ソシエタ伊勢SC

eisu杯第29回三重県ユース(U-15)サッカー選手権大会 【兼 第30回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権三重県大会】 9月17日(月/祝)10:00K.O. 2回戦 ソシエタ伊勢SC 2-0 隆成中学校 @NTN総合運動公園 (前半1-0 後半1-0) 立ち上がり、セットプレーから立て続けに決定機を迎えるも決めきることができません。 主導権を握るもなかなか得点が奪えない中、迎えた21分。 相手コーナーキックを弾き返すと、14番のドリブルからスルーパス。 8番が受け、相手を交わすとシュート。 これが決まり、先制します。 後半13分には、裏に抜け出た13番がゴールキーパーとの1対1をしっかり決め、待望の追加点。 初戦突破を決めました。 eisu杯第29回三重県ユース(U-15)サッカー選手権大会 【兼 第30回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権三重県大会】 9月22日(土)10:00K.O. 準々決勝 ソシエタ伊勢SC - FC松阪 @松阪市総合運動公園 大会概要 本大会の優勝チームは、三重県代表として第30回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会東海大会に出場。 申込み時に20名をエントリーし、選手交代は最大5名 警告処分2回や退場処分を受けた選手は次の1試合に出場できない。 試合時間 1・2回戦・準々決勝 60分(30-10-30) 60分で勝敗が決しない場合、ペナルティキック方式により勝利チームを決定する。 準決勝・決勝 80分(40-10-40) 80分で勝敗が決しない場合、10分(前後半各5分)の延長戦を行ない、なお決しない場合は、ペナルティキック方式により勝利チームを決定する。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県