試合結果

AGFカップ 第30回三重県中学生新人サッカー大会 12月1日(土)9:30K.O. 決勝トーナメント1回戦 鈴鹿SC 0-1 ソシエタ伊勢SC @鳥羽東中学校 (前半0-0 後半0-1) 12月1日(土)14:30K.O. 決勝トーナメント2回戦 ソシエタ伊勢SC 0-1 三重サッカーアカデミー @鳥羽東中学校 (前半0-1 後半0-0) 1回戦 試合を通して相手のシュートを1本に押さえるも、決定的チャンスをなかなか決めきれず、後半14分のPKによる7番の得点のみに終わる。 追加点を決めることもできず、最後まで気の抜けないゲーム。 2回戦 試合開始からゲームを支配するも、前半15分、ディフェンスの裏を取られ、相手のファーストシュートが決まります。 相手の3倍以上となる17本のシュートは、バーやポストに当たり、枠を外れ、1つもゴールに入ることなく試合終了。 自らの技術不足、1つ1つのプレーに対する精度のなさを露呈しました。 敗退したことでそんなはずはなかったと過去にすがるか、敗戦を糧に次の戦いへ向けて自分に磨きをかけるか。 どちらが自分にとっていいことなのかは明白。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFA U-13サッカーリーグ2018三重 1-2位リーグ 11月23日(金/祝)9:30K.O. ソシエタ伊勢SC 7-0 FC.Avenidasol @伊勢フットボールヴィレッジ Aピッチ (前半4-0 後半3-0) 前半2分、中盤左サイドからの相手スローインを10番が粘り前へ。14番が一度は奪われるも10番が拾い、前線へ飛び出した16番へ。 ワンタッチでスルーパスを狙うも相手に止められる。しかし、そのボールを7番が拾いそのままゴールに向かうと、ゴールキーパーを交わし先制します。 5分、左サイドの15番がボールを持つと縦パス。10番が受けると14番が空けたスペースにカットイン。抜け出た7番へスルーパスが渡ると、中へ入ってきた14番に折り返し。見事な連携で追加点をあげます。 14分、ゴール前、相手がボールの処理に戸惑うところに、16番がプレス。こぼれたところを7番が押し込みます。 29分、GK20番から19番へ。14番に縦パスが入ると落としたボールを7番から前線に抜けた17番へ。左サイドからフリーとなった10番にパスが渡ると、ゴールキーパーとの1対1を制し、前半だけで4点目。 後半6分、中盤で4番がボールを拾い10番へ。中から右サイドへ流れると、粘って中へ折り返し。1度は跳ね返されるも再び10番が中へ折り返すと、4番が17番にパス。17番が1人交わし、ゴールへ押し込みます。 10分、14番が前線のプレスからボールを奪うと、そのまま決めます。 16分、相手のミスパスを拾った13番がそのまま駆け上がると、シュート。ゴールキーパーが弾いたところを7番が詰めて、ハットトリック達成。 最終戦を大量得点で勝利し、他試合の結果、4年ぶり2回目の優勝となりました。 3月に行われる東海リーグ参入戦へ挑みます。 過去の成績 2018 優勝 2017 2位 2016 2位 2015 東海リーグ(7位降格) 2014 優勝 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFA U-13サッカーリーグ2018三重 1-2位リーグ 11月17日(土)17:30K.O. 津ラピドFC 0-4 ソシエタ伊勢SC @伊勢フットボールヴィレッジ Cピッチ (前半0-1 後半0-3) 前半5分、左サイドのスローインを跳ね返されたボールを17番が拾うと、ペナルティエリアの外から右足で狙い澄ましたミドルシュートが決まり先制します。 後半7分、左サイド4番からのスルーパスに交代で入ったばかりの14番が反応すると、駆け上がりキープ。15番へ戻したボールからクロスが上がると中央17番が胸トラップから左足の強烈な一撃。待望の追加点が入ります。 さらに14分、19番の縦パスに7番がターンしてからのスルーパス。抜け出した14番がそのままゴールへ流し込み、3点目。 試合終了間際にも、中盤で17番がボールを奪うと右サイドを突破。一度はボールを奪われるも、18番がカットし、中央へパス。 10番がさらに左へ流すと、15番のミドルシュート。ゴールへ叩き込みます。 得点差ほど実力に差はありませんでしたが、同数のシュート数でも、3番を中心にした守備が決定的なチャンスを与えませんでした。 ゴール前での不必要なファールが多く、球際の弱さ、前線からの守備などを、今後、どのように解消していくかが課題の1つです。 高円宮杯JFA U-13サッカーリーグ2018三重 1-2位リーグ 11月23日(金/祝)9:30K.O. ソシエタ伊勢SC - FC.Avenidasol @伊勢フットボールヴィレッジ Aピッチ 大会概要 今季リーグは、10チーム2ブロック制の総当たり戦(1次リーグ)を行い、その後各ブロックの順位にて4チーム5ブロック制の総当たり戦(2次リーグ)を実施。 (1次リーグのみピッチサイズを変更) リーグ優勝チームは、高円宮杯JFA

高円宮杯JFA U-13サッカーリーグ2018三重 1-2位リーグ 11月10日(土)18:45K.O. ソシエタ伊勢SC 0-2 紀州エスフォルソFC @伊勢フットボールヴィレッジ Dピッチ (前半0-2 後半0-0) 前半13分、相手のファーストシュートが決まり先制を許すと、30分にもカウンターから失点。 前半からゲームを支配し、後半は多くの決定機を作り相手の5倍以上のシュートを放ちながらも、ゴールを揺らすことはできず。 球際、最後の詰めの弱さを露呈し、敗戦しました。 技術の成長とともに、勝利への執念、メンタル面での強さがチーム全体で一丸となって持てているか。 自分達の弱さを認め、強さを欲する。 残り2試合、自分達には何ができる? 高円宮杯JFA U-13サッカーリーグ2018三重 1-2位リーグ 11月17日(土)17:30K.O. 津ラピドFC - ソシエタ伊勢SC @伊勢フットボールヴィレッジ Cピッチ 大会概要 今季リーグは、10チーム2ブロック制の総当たり戦(1次リーグ)を行い、その後各ブロックの順位にて4チーム5ブロック制の総当たり戦(2次リーグ)を実施。 (1次リーグのみピッチサイズを変更) リーグ優勝チームは、高円宮杯JFA

AGFカップ 第30回三重県中学生新人サッカー大会 ブロック予選⑭ 11月10日(土)12:00K.O. ソシエタ伊勢SC 26-0 北勢 @羽津中学校 11月10日(土)14:30K.O. 羽津 1-17 ソシエタ伊勢SC @羽津中学校 大量得点での勝利でブロック予選を突破しました。 この試合はあくまで通過点。 大味な試合の中、自分達の目指すことがどこまでできたのか。 失点した意味をどのようにとらえることができているか。 どんな試合にも反省はあるし、成長するための種は落ちている。 大きな花を咲かすためには、挑戦し続けていくことが絶対条件。 12月1日(土)9:30K.O. 決勝トーナメント1回戦 ブロック13の勝者 - ソシエタ伊勢SC @鳥羽東中学校 1回戦に勝つと 12月1日(土)14:30K.O. 決勝トーナメント2回戦 ソシエタ伊勢SC - (三重サッカーアカデミー ×

高円宮杯JFAU-15サッカーリーグ2019東海参入プレーオフ 10月28日(日)10:00K.O. FCV可児 1-1 ソシエタ伊勢SC @岐阜県フットボールセンター(天然芝G) (前半1-0 後半0-1) 気持ちを切り替え、今季最後の公式戦に臨みました。 3年間、ケガのために試合に出られなかった18番も開始5分間出場。 前半10分、中央を抜け出され、ゴールキーパーとの1対1。ビハインドを負います。 同点にしようと、決定機を作りますがなかなか決めきれません。 追いついたのは後半5分、右サイドから16番が相手を交わし、左足でのシュートがゴールネットを揺らします。 その後、何度も決定機を作り、カウンターから危ない場面を作られる展開もお互いゴールを割ることはできず、引き分けに終わりました。 後半、相手の7本を上回る14本のシュートを放ち、多くの決定機を作るも決めきることができませんでした。 このことを改善するために、どのように取り組んでいけるかが今後の人生を左右すると言っても過言ではありません。 今、この瞬間を真摯に向き合うことがチームを強くし、自分達が成長して行ける環境を作ります。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFAU-15サッカーリーグ2019東海参入プレーオフ 10月27日(土)14:00K.O. グランパスみよしFC 4-0 ソシエタ伊勢SC @岐阜県フットボールセンター(人工芝G) (前半2-0 後半2-0) 徐々に攻撃の圧力が高まってきた前半19分。 右サイドを縦に突破されると深い位置からマイナスの折り返し、中で合わされ失点を許します。 さらに23分には、中央を突破され痛い失点。 後半、前がかりになるもなかなかシュートまで持っていくことができません。 27分、コーナーキックから試合を決定づける3点目を入れられ、33分にもサイドチェンジからそのまま決められてしまいます。 試合を通して、20本以上のシュートを浴び、わずか3本のシュートしか放つことができませんでした。 この結果、来季の東海リーグ参入への道は絶たれました。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFAU-15サッカーリーグ2019東海参入プレーオフ 10月20日(土)15:00K.O. 浜松開誠館中学校 6-1 ソシエタ伊勢SC @NTN総合運動公園 (前半0-1 後半6-0) お互い様子見の立ち合いから迎えた前半14分、右サイド16番から中へ返すと7番が狙い澄ましたシュートがゴールキーパーの手を弾き、サイドネットに決まります。 相手の攻撃にも上手く対処し、残り10分から3度の決定機を作るもこれを決めきることができません。 後半1分、相手のボールを奪うと右サイド16番へ。そこから速いクロスがゴールキーパーの前を通過、14番が詰めるもわずかにとどきません。 そこからカウンターを喰らうと、左サイドを破られ中央へ、同点とされます。 直後に左サイドバックがスパイクの紐が切れるアクシデント。 その対応ができず攻め込まれると、立て続けにピンチを迎えます。 3分はバーに助けられるも、5分には左サイドからのシュートが決まり逆転を許します。 6分には、ペナルティエリア内でのハンドを取られPKから失点。 勢いの増した相手の攻撃を止めることができず、19分、24分、25分と大量失点。 初戦を落とす結果となりました。 残り2戦、ここからはい上がれる戦いができるか!? その真価が問われます。 高円宮杯JFAU-15サッカーリーグ2019東海参入プレーオフ 10月27日(土)14:00K.O. グランパスみよしFC - ソシエタ伊勢SC @岐阜県フットボールセンター(人工芝G) (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県