6月 2019

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ三重2019 2部 第14節 6月16日(日)15:25K.O. ヴィアティン2nd - ソシエタ伊勢SC 2nd @大白運動公園グラウンド(雨天:東長島運動公園) ゴールを奪う。 失点しない。 勝つために単純明快な解答。 どのようにプレーすれば、この解答を導き出せるのか? 頭で理解し、言葉に表し、体現する。 その繰り返しの中で、成功と失敗を経験し、成長していく。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ三重2019 1部 第14節 6月16日(日)11:00K.O. TSV1973四日市 - ソシエタ伊勢SC @伊勢フットボールビレッジEピッチ 首位チームとの天王山。 ミスを恐れ、チャレンジすることを諦める。 それでは、勝つチャンスをみすみす放棄することになる。 果敢に終わることのない自分への挑戦を続け、その先にある光をつかみ取れ。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

JFAU-13リーグ2019東海 第2節 6月15日(土)15:00K.O. ソシエタ伊勢SC - JFAアカデミー福島 @伊勢フットボールビレッジCピッチ 初戦で味わった東海のレベル。 次戦をどのような心意気で向かえるか? あきらめるのは簡単。立ち向かうのは勇敢。 口で言うのは容易く、本気で立ち向かうなら、目に表れ、行動が伴う。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ三重2019 2部 第13節 6月9日(日)10:00K.O. アフェラルセ四日市 1-0 ソシエタ伊勢SC 2nd @四日市中央緑地公園Aフィールド (前半1-0 後半0-0) ディフェンス間の連係ミスにより失点。 その1点を返そうと最後まで猛攻をしかけるも、届かず4連敗となりました。 苦しい時こそ、チームの真価が問われる。 下を向けば周りが見えず、上を向けば視界が広がり、希望の光が射す。 高円宮杯JFA

JFAU-13リーグ2019東海 第1節 6月8日(土)13:30K.O. 清水エスパルス 7-0 ソシエタ伊勢SC @鈴与三保グラウンド (前半3-0 後半4-0) 技術や身体能力の差だけで負けたわけではない。 あらゆる面において、圧倒的な差がある。 その差をいかに縮め、追いつき追い越せるか。 今すぐには追いつけないかもしれない、でも今すぐに追いつくためにできることはある。 大きく成長するための大事な敗戦だったと思いたい。 JFAU-13リーグ2019東海 第2節 6月15日(土)15:00K.O. ソシエタ伊勢SC - JFAアカデミー福島 @伊勢フットボールビレッジCピッチ (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ三重2019 1部 第13節 6月8日(土)11:00K.O. 伊賀FC 0-2 ソシエタ伊勢SC @伊勢フットボールビレッジCピッチ (前半0-1 後半0-1) 前半16分、47番が左へボールを送ると41番がそのまま突破しクロス。 47番が滑り込みながら合わせると、ネットに吸い込まれます。 その後も再三、得点機を作るも決めきれません。 追加点は後半14分、ゴール前の混戦から途中出場した63番のループシュートが決まります。 得点機に対する決定率は低く、改善していくことが必要。 相手のシュートを前後半1本ずつに抑え安定した守備でしたが、ハードワークできていたかは疑問。 伸びしろはたくさん。 もっともっと上手くなれる。 100%の力が出せれば、もっといいゲームができる。 高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ三重2019 1部 第14節 6月16日(日)11:00K.O. TSV1973四日市 - ソシエタ伊勢SC @伊勢フットボールビレッジEピッチ (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ三重2019 2部 第13節 6月9日(日)10:00K.O. アフェラルセ四日市 - ソシエタ伊勢SC 2nd @四日市中央緑地公園Aフィールド 3連敗の現状から抜け出すために。 体を一生懸命に動かし、頭を目一杯使う。 どちらか一方じゃ足りない。 その2つを備えて、そこに勝ちたいという気持ちが加わることで 自分の力をフルに発揮できる。 (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県

JFAU-13リーグ2019東海 第1節 6月8日(土)13:30K.O. 清水エスパルス - ソシエタ伊勢SC @鈴与三保グラウンド U13は、入団して2ヵ月あまり、初の公式戦に挑みます。 相手は、久保建英選手を上回り、日本代表最年少出場記録を持つ市川大祐監督率いる清水エスパルス。 ここ2年も連覇し、東海の覇権を握るチームです。 常に日本トップの座を行く相手をリスペクトしつつ、自分たちの力をどれだけ発揮することができるか? 新たな航海の旅路が始まります。 大会概要 試合時間は、60分(前・後半30分 ハーフタイムのインターバル10分) 各試合の選手は最大18名とし、試合ごとにエントリーできる。 交代に関しては、 ①選手18名から最大7名の交代が認められる。(再交代はない) ②後半の交代回数を3回とする。  1回に複数人を交代することは可能。  前半、ハーフタイム、延長戦に入る前のインターバルでの交代は、後半の交代回数に含まれない。 今季リーグ期間中に警告処分を3回受けた選手は、次の1試合に出場できない。 ただし、2回目の累積については2試合に出場できない。 リーグ戦順位決定方法は、勝ち3点、引き分け1点、負け0点の勝ち点により、勝ち点の多い順に決定する。 なお、勝ち点の合計が同一の場合は以下の項目に従って順位を決定する。 (1)全試合のゴールディファレンス(総得点-総失点)。 (2)全試合の総得点。 (3)当該チーム同士の対戦成績(勝敗)。 (4)上記(1)~(3)の全項目について同一の場合は、抽選により決定する。 東海地域リーグの7・8位チームは降格。 前期リーグにおいてはピッチサイズを縮小し、ゴールエリアのライン上にゴールを置くこととし、縦の長さの目安を90~94mとする。タッチラインからタッチラインの横幅については、目安を60mとする。(そのときには、ラインの代わりにフラットマーカーやカラーマーカー等で示すことも可とする。) (文責:西村大介) #ソシエタ伊勢 #サッカー #中学生 #ジュニアユース #三重県